K9AY(4)2007年04月04日 15:06

有給休暇で在宅です。
先日できなかったK9AYアンテナのアース線まわりを処理しました。今まで長すぎた鬼より線を1mくらいカットして、ほぼ最短距離でユニットのアース端子まで持って行きました。アース線の先端処理も今までは自動車用バッテリーターミナルコネクタを使って仮止めしていましたが、圧着端子使用にあらためました。もうこれで考え付くやり残しは無いはずです。

シャックに戻って729kHz JOCKでピーク/ナルをあたりました。ユニットのAMPをoffにしてピークでS=9+60dBが、ナルでS=8~9になりました。ナルに落とすとキャリアをカットしたような、音割れした状態になります。JOCKをそのままナルに封じ込めて、周波数を765kHzにするとS=5程度で山梨放送が聞こえてきました。しかし、このナル調整は極めてクリチカルです。JOCKは安定していますからまだよいのですが、夜間波になったら気が狂わんばかりの指先テクニックが必要になりそうです。

K9AY(3)2007年04月01日 21:32

暖かな陽気に誘われてK9AYアンテナを久しぶりに復活させました。
ポールのトップで約7.5m、全周25mの2面直交です。従来は全周30m強もありましたが、今回はWellbrook社のマニュアルに書かれていた推奨寸法までダウンサイジングしました。わが家では729kHz JOCKが一番強いのですが、これをバックに入れて、765kHzにあわせると、どんなループアンテナでも受信できない山梨放送が受信できるようになります。なかなか痛快です。

ワイヤーの素材は5C-FBです。実効的な断面積の増加を狙ったわけではありませんが、このケーブルがたくさん余っていましたので、私にとっては廃物利用なんです。

K9AY(2)2007年03月24日 17:22

ダブルギャップシールデッドループアンテナを降ろしました。
3m超のループアンテナはトップヘビィで、このポールでは危なかったので、フルアップさせたことはありませんでした。久しぶりにフルアップさせたら、安物のグリスが固着していて、しんどかったです。

壁面などに取り付ける電工用のウォールボックスをポールに取り付けました。ループアンテナとローテータから取り外したケーブルが雨に濡れないように、ボックスの中に逃がしました。

K9AY(1)2007年03月10日 20:06


暖かくなってきたので、そろそろアンテナのメンテナンスでもしたくなりました。今年中にはメインとして使っている 31mb用のスカイドア・アンテナ を降ろそうと思います。このアンテナは31mb以外に、非同調型の中波用アンテナとしても使っているので、降ろした後のことを考えて代替品の準備を始めようと考えています。

現在 2番ポールにはダブルギャップシールデッドループアンテナ が、 3番ポールにはALA330Sが上がっています。この2番ポールをK9AYアンテナに戻そうと思います。この2番ポールは6.2mのクランクアップポールで、アンテナの簡易実験用として使ってきました。スカイドアの代役はK9AYしか考えられなく、 もともとこのポールでK9AY を使っていましたので、元に戻す感覚になります。

写真はWellbrook社のK9AY屋外ユニットです。前回撤去時にナットを紛失してしまいましたので、ALA1530Sシールド仕様を発送してもらうときに、パーツを送ってもらいました。今夜から雨のようですので、明日はユニット収納ボックス用のタッパーをダイソーで買って来て、下準備をしようと思います。