1548kHz2007年04月14日 23:35

太さんのBBSで、最近の1548kHzは終了時間が遅くなっているし、SAも聞かれなくなっていると、マスタからご指摘がありました。私のところでは、それ以前にかってほど良く入らなくなっていたので、あまり聞こうという意欲がありませんでした。

本日は夕食後、いつものナガラ受信で、周波数は1548kHzにセットしておきました。中国とオーストラリアとフィリピンが、時に激しく混信し、時に交互に浮き沈みし、まったく忙しい周波数です。23時9分頃、急に国歌で浮上してきたところを録音しました。録音時間1分の中で、開始30秒アタリからフィリピン国歌が上がってきます。

Apr.14, 2007 2309J 1548kHz UnID PHL WJ8712A BW2.4kHz LSB K9AY

【翌朝追記】
私のK9AYは庭に立ててありますが、昼間は家族の往来がありますので、通路寄りのエレメントは折りたたんで束ねてあります。通常は私が帰宅時に展張して、翌朝出勤時に折りたたみますが、昨夜はなんと北東、北西を折りたたんだままワッチに突入していました。それでもNullが体感できるとはオモシロイやつです。上の録音URLはそんな訳で、ずいぶん不完全なものです。しかもプリアンプも入れ忘れていましたし(^^; おおぼけでした。

今夜の受信から~KDIA2007年04月09日 23:37


今夜もそこそこに北米中波が聞こえていました。
始めにしばらく聞いていたのは1700kHzで、21時頃には2局が混信しながら入っていました。他にめぼしい周波数もなかったので、しばしウトウトしながら過ごした後に、太さんの掲示板で状態が上向いたことをキャッチして、1630kHzに移動しました。
ここで聞こえるスペイン語は、かってはメキシコの大学局XEUTで、その独特な浅い変調にいつもIDを取れなくていました。でも今夜はスペイン語ながら、普通に変調が掛かっていて、音楽ばかりを流していました。よくテーマパークとかに遊びに行くと延々とラテンが流れているアノ感じです。22:20J 頃の録音です。

Apr.9, 2007 22:20J 1630kHz WJ8712A,K9AY,BW2.8LSB

そのあと、1640kHzに上がって聞き始めたらすぐにKDIAのアナが録れました。写真は2005年のQSLです。下の録音は本日の22:43頃のものです。

KDIA Apr.9, 2007 22:43J 1640kHz WJ8712A,K9AY,BW2.8LSB

北米中波、フィナーレ?2007年04月07日 23:53

北米中波の入感が4月に入ってなお、今季のフィナーレのごとく強く入りました。いつもの太さんの掲示板で入感情報をキャッチして、大慌てでチューニングすると、それこそ10kHzおきに英語やスペイン語が聞こえていました。その中で下の2波のみ録音を残しました。

(KSMH) Apr. 7, 2007 2240J 1620kHz WJ8712A K9AY BW2.8kHz LSB

Apr. 7, 2007 2242J 1640kHz WJ8712A K9AY BW2.8kHz LSB

工作道具2007年04月05日 20:39


時々自作をするようになると、作業品質が高まる道具、便利な道具、効率がよくなる道具がほしくなります。今回落札した工具は圧着ツールです。自作をしていて、この電線はたぶん二度と取り外さないが、取り外すときは故障した時くらいかなって箇所はハンダ付けのほうがいいと思います。しかし調整段階で抜き差しがある時や、ユニットごとに完成させて行って、全体を作りこむ場合には、ケーブルが脱着できることは便利です。

このハンドツールはJSTの基板用NHコネクタと中継用SMコネクタに対応するものです。ハンドツールは数多くありますが、どうしてもコネクタの種類が固定されてしまいます。その点、このツールは前述の二品種に対応するすぐれものです。もちろん専用の電動式圧着機に較べるとクリンプハイトの調整は不可能ですが、しょせんアマチュアのインチキな自作ですので、これで十分です。メーカーでも試作、現場修理用と言っているのですから。1.5D-QEVがハウジングに入る2.5mmピッチのコネクタはこれくらいかと思います。

しおかぜ 国内送信2007年03月26日 13:13

特定失踪者問題調査会による短波放送「しおかぜ」が、本日3/26より朝の放送に、茨城県古河市の八俣送信所から送信開始されました。この問題解決の方法は、諦めずに、あらゆる方法で、訴える、呼びかけること。時には強硬に、時には優しく、常に情勢の変化や政治の動向に気をつけてやり抜くことしかないと思います。
本日の国内送信初日の放送録音を下に掲載します。私の地域ではスキップして?ちょっと良くありません。

Mar.26, 2007 0530-0600J 6045kHz しおかぜ

1540kHz KMPC2007年03月23日 23:29

今夜は久しぶりに北米中波放送を聞きました。 どうでもよいことですが、TPとか、Eスポとかの言葉の用法は個人的には嫌いなので、北米中波放送の受信とか、スポラディックE層による異常伝播と書きます。仲間との会話や、他人の文章にまで配慮したり、ケチをつけたりはしませんので、私の信念?って言ったって、その程度のことなのですが。大昔は交信中にそうした言葉使いを正してくれたOMさんもみえましたが、今は聞いていないからわからないけれど、下手に指摘しようものなら態度を急変し逆ギレされそうな世の中ですから、ほどほどにしないと。

ここ数日来の好コンディションで、3/23も10kHzおきに北米局が並んでいました。ただし、英語が苦手な上に、混信がひどく、たまたま信号が浮いた瞬間にIDが出なければお手上げです。そんな中で1局だけ録音に成功したのが下の1540kHz、KMPCです。

Mar.23, 2007 22:00J 1540kHz KMPC, CA

HPの更新に思う2007年03月22日 12:33

太さんのHP に《ホームページの方は更新が滞ってますので思い切って閉鎖することにしました》とお知らせが出ました。私は時々過去の受信ログを拝見しながらターゲットを決めていたので、残念なことだと思います。私も実はHPを作っては消し、消しては作りなので、更新の大変なことはよく身にしみています。そして趣味の世界なのですから、更新が苦痛になってしまったのでは、趣味が趣味でなくなってしまいますので、リセットすることが必要なんだと自身の言い訳に言ってたこともありました。ですから、それは人それぞれでよいでしょう。

私は逆に放置プレイだった自身のHPを、このところ頑張って更新しています。

昨夜の受信から 1593kHz2007年03月21日 10:44

アンテナフィルタの仮組立後も毎日あちこちを録音していますが、これといって収穫はありません。下でコメントいただいているように、アンテナフィルタを通すと、ノイズフロアが上がり、弱い局は聞こえなくなっているようです。また、サイドスプラッシュも切れるどころか、むしろ増えていやしないかと不安になる始末です。下でご指摘いただくまでは、頭で2.8kHz(±1.4kHz)の狭帯域ゆえに音がこもり、大昔のアンテナフィルタそのままなので、使用されているDBMとFETの性能で歪む、それくらいにしか考えていませんでした。それで、昨夜、アンテナフィルタを取り外したところ、皮肉にも音がよくなり、安直なプランを大いに恥じているところです。

昨夜のDXリスニングは02:30Jまで起きていましたが、これぞというchが見つけられなくて、1593kHz、ループアンテナの方角は北北西-南南東にセットして休みました。太さんの掲示板で、太さんが中国語の裏で何か聞こえていると03:30J頃にコメントを上げて見えましたので、さきほど03:00Jのところを切り出しました。たしかに何か聞こえています。下の音声ファイルで、開始55秒くらいはいかがでしょうか?

Mar.21, 2007 18:00UTC 1593kHz 中国語の下に?

NHK大阪第一停波のお陰で2007年03月13日 20:46

昨夜の手抜き録音は、太さんのBBSでWakiさんにご教示いただいた666kHzにしました。NHK大阪第一666kHzが01:00Jに停波すると、代わってフィリピーノと中国語が聞こえてきました。下のファイルは02:00Jのアナウンスです。このDZRH、聞いた範囲では24時間放送なのか、終了がつかめないままNHKが復活してしまいました。

Mar.13, 2007 02:01J 666kHz DZRH, PHL WJ8712A, MW550P, "Skydoor"ant.

昨夜の1476kHzから2007年03月11日 14:31

昨夜も好事家が 太さんのBBS に集まって未明の受信をしました。私はあちらこちらウロウロしましたが、最後は1476kHzにしぼって1本釣りスタイルでした。1476kHzでは1kHzのビート音が気になりました。太さんによればこれは1475kHzにずれているマレーシアで、0時30分くらいの終了とのことで、0時33分に下のファイルの通り、放送終了を録音できました。

代わってそれまでマレーシアに邪魔されていてよくわからなかった局が聞こえてきました。フィリピーノでした。太さんによれば、DXRJではないかとのこと。周波数は1476.1kHzほどにずれています。もう本当に眠たくなるような教会のお祈り番組で、粘った末に1時28分の放送終了が録れました。

その後は今朝録音を聞き返しましたが、NHKの残存キャリアなのか、DXはわかりませんでした。

Mar. 11, 2007 00:33J 1475.005kHz R.TV.Malaysia

Mar. 11, 2007 01:28J 1476.095kHz DXRJ

受信機はWatkins Johnson WJ-8712A、アンテナは31mb用スカイドア、受信モード:ISB、IF帯域幅:2.80kHz、プリセレクタ:Palstar MW550P、音声処理:Adobe Audition Ver.2.0