休止のご案内2007年05月06日 23:35

え~、唐突ですが、このブログの活動を休止することとします。 このブログは画像ファイルを一つしかアップできませんし、サイズはサムネイル版で固定のままなんです。複数枚貼ろうと思うと、私が手間掛けたように、どこかにファイルを置いておいて、イメージタグ使うしかなかったわけです。今時そんなブログあるのかよ~って感じですな。

BCL活動もランニング・リセットを試みましたが、どうも中途半端でいけないので、ストップ&リセットの方向です。そーゆう訳で、このブログには新規のカキコは今後基本的にはしないことにします。ただし、消してしまうにはいろいろと支障がありそう、さりとて新しいブログに全文引越しは困難なので、このまま放置プレイさせていただきます。

新しいブログを2,3試しましたが、落ち着き先が決まりましたのでご案内します。
Watkins blog です。

ホームページは従来どおりかわりません。 Watkins page

それでは、新 Watkins blog、HP Watkins pageともども引き続きよろしくお願いします。

酒を仕入れてきました2007年04月28日 22:29


今日は買い物のお供に着いて行き、新しい酒を仕入れてきました。
酒の味なんざわからない、口に入れば何でもいいタイプなんですが、選んだ酒はこれ(↑)、奥の松です。

選定条件は常温で美味しく、辛口なこと。
で、一口飲んで思ったことは、変な添加物は入っていない(だろうと思う)のに、やたらフルーティなんですね。臭いもそうなんです。で、この酒を紹介したページをぐぐってみたら、ここの杜氏さんの手記があって、全米の品評会で最高得点を取ったときに、「フルーティなはっきりとした酒質を持つ、実に複雑な味わいを持つ芸術品。ヨーロッパ・ラズベリーの味覚、穀物シリアルの蜂蜜のような、豊醇な、コクのある味の美酒」と評されたと書かれていました。
私はもっとじゃじゃ馬、お転婆の酒のほうがいいんですが。

最近、長年親しくさせていただいているDX'erお二人から、とあるSNSへのご招待を頂きました。今まで知らなかったのですが、そんな世界もあったのかと最近そっちがおもしろくなりました。BCL/DXの話題はもとより、地域の話題、母校の話題、電波以外の趣味の話題に、男女の別なく盛り上がるのは楽しいものです。この休み中にスカイドアを降ろせたら、しばらくはそっち系で遊んでみようかと思っています。

西田佐知子で酒2007年04月21日 22:00

今夜はのんびりと冷酒を飲みながら西田佐知子/全曲集を聞いています。こんな書き出しだと、showさんあたりから、坊や10年早いよと言われそうですが(^^;

今夜PCを使っていたら、突然 Windows Mediaplayer のVer.upのポップアップが出てきて、それはそれで当たり前に無事に終わって、試しにどう変わったのか聞いてみることにしました。どこがどう変わったのか、少なくとも私のプアな耳で往時の歌謡曲を聞く限り、何も変わらないのですが、冷酒のグラスを片手に西田佐知子を聞く気分は最高だったりします。

私は日本酒は冷酒党で、辛目のものが好きです。これで塩辛かメンタイでもあれば最高ですね(^^;

デジカメ買い替え2007年04月13日 22:39


3~4年振りに家内のデジカメを買い換えました。
今までは上の写真のパナソニックDMC-FX1(レッド)を使っていましたが、そろそろと言う事で買い換えました。最近のパナには、今までのデジカメのような色鮮やかなワインレッドとか無いんですね。だったら何でもいいやとばかりに、DMC-TZ3にしました。ビッダーズ出品のカメラ屋さんからの落札、購入ですが、品質、納期など何ら問題が無いのは当然として、価格COMの最安値よりも更に2,000円くらい安かったのは嬉しかったです。メモリーカードは、この3月に買い換えて不要になった、auの携帯電話の1GBのカードを移植しました。

私の使っているFZ10もFZ50に買い換えようかと思いましたが、そんなに大きく不満があるわけでもなし、テレ側でマクロ接近ができるような安物のアダプターレンズを買えば当面は大丈夫かなと思います。

マリコ(MARIKO)2007年03月04日 21:12


1941年、「東京の外務省とワシントンの日本大使館の間で、頻繁に電報や電話が交わされた。国運を決する外交交渉の連絡だから、交信はすべて暗号で行われた。そのとき太平洋を行き交った暗号の中に、《マリコ》というキイ・ワードがあった。このキイ・ワードは、日本の交渉方針や提案に対するアメリカ側の態度についての情報を連絡するときに、《米側態度》という用語に符合する暗号として、用いられたものだった。」
昭和55年 柳田邦男 新潮社

もともとはNHKのドキュメンタリードラマで見ました。その後、くだんの原作を買い求めたか図書館で借りたかして読みました。幸運なことにドラマの再放送が、随分後年となってからありまして、その録画を大切に保管してきました。本日いつものBOOK OFFを巡回していたら偶然原作を発見しました。105円でした。

ウェルフェアコンサート2007年03月03日 19:46

愛知県豊田市にある カバハウス で行われた 第14回とよた光の里 ウェルフェアコンサートXIV に息子を伴って行きました。

今回のコンサートは15時半開演で、前半後半約1時間ずつの2部制で、前半は世界的なツィター演奏第一人者の河野保人さん、後半はボサノバ演奏ユニット「サパトス」のお二人でした。

ツィターは、昔はチターと表記されていましたが、映画「第三の男」のテーマソングで有名なスチールギターのような澄んだ甲高い音色の楽器です。演奏の河野さんは、巨匠といわれる人たちにありがちな、どんなにか難しい人かと思っていたら、全然逆でとても気さくな方でした。ほとんどの聴取者がツィターという楽器それすら知らない中で、実際にその構造から由来まで平易に解説してくださり、時には軽妙なトークを交え、馴染みのある曲を選曲して演奏していただきました。

15分の休憩をはさんで、後半のサパトスの演奏が始まりました。ギターの木村純さんとサックスの三四朗さんのユニットで、サパトスとはポルトガル語で靴の意味だそうです。こちらも皆が良く知っているナンバーを中心に演奏してもらいました。息子もテレビCMで見聞きしたことがある曲に出会って感動していました。

アンコールが終わって会場を出ると、あたりは夕闇に包まれていました。豊田から自宅まで夕方の渋滞の中、1時間半くらいかかって帰宅しました。

本日は休業日で在宅です2007年02月23日 18:08

社員総会がありまして13:00~16:00の式典に出席してきました。
家を出るときには降っていた雨も、式典終了時には晴れ上がり、傘を取り忘れて会場のホテルに戻ったほどでした。

今週はずっとオールナイトの中波録音を続けましたが、収穫はゼロでした。他の皆さんからも話題が上がらなかったので、そもそもコンディションが良くなかったのかも知れませんが。毎日毎日同じ周波数を定点観測のように聞いていた訳ではなく、いくつかの周波数を試してみました。狙いはヨーロッパではなく、東南アジアにしました。

アンテナは、普段は31mb用のスカイドア・アンテナを非同調型ループアンテナに見立てて、室内でプリセレを通していますが、今週は久しぶりにダブルギャップを使ってみました。信号強度はほんの少しスカイドアの方が強いのですが、場合によっては過入力でバサつくことがあります。それとアンテナシステムによる音質の違いと言いましょうか、ダブルギャップの方が少し野太い音質で、スカイドアの方がペラペラした音質に聞こえます。これは、もしかしたら給電している同軸ケーブルが、ダブルギャップの5D-2W+10D-SFAに対してスカイドアが5D-FBの違いかも知れません。今年はBCLをリセットする年にしようと考えています。これらのアンテナは両基とも撤去する予定です。

十七歳の硫黄島2007年02月15日 20:33



Yukio SekiguchiさんのBLOG JRC Radio で、「十七歳の硫黄島」という新書が紹介されていて、早速買い求めて読み始めました。

この本に先行して、映画で話題になった父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙がありましたが、あれが美化された戦争なら、この本は魂の叫びだと思います。いみじくも買い求めた本に掛けられた帯に書いてありました、「かなうならクリント・イーストウッド監督にも是非読んでもらいたい」と。

筆者・秋草鶴次さんは海軍通信兵として激戦の硫黄島に派遣されました。通信兵の使命が何たるか、ラジオを趣味としている我々は姿勢を正して一読に値する手記だと思います。

ドラマ「李香蘭」2007年02月11日 10:10



テレビ東京系列で2夜連続ドラマスペシャル「李香蘭」の第一夜を見ました。そして本日2月12日第二夜は、ご本人・山口淑子さんの87回目のお誕生日でもあります。大変失礼ながら、ご本人存命中の「李香蘭」ドラマ・映画としては最大にして最後となるかも知れません。我が家でも保存版のために、DVDのレーベルを上の写真のように作ってみました。

Media Playerがヘンだ!(2)2007年02月01日 19:50

いろいろと検証していたところ別の不具合が確認できました。
私は受信機の出力をグラフィックイコライザを通してから、USBオーディオ経由でPCに取り込み、同時にUSBオーディオ経由でコンポのアンプに入れてスピーカを鳴らしています。今度の不具合は右のスピーカから音が聞こえないのです。さてどこに問題があるのか一つ一つたどっていったところ、USBオーディオから片ch出ていないことが確認できました。試しにLch-Rchのケーブルを入れ換えると、音が出ないのは左になってしまうのです。今度ヒマな時に開腹?してコネクタまわりを確認してみましょう。半田クラック程度のことならいいのですが..

私のところでは自宅内のノイズはほとんど気になりません。たまに隣室で家内がドライヤを使っていると、ああノイズが出ているなとわかる程度です。いなノイズが出ていないわけではないのですが、それ以上に外来ノイズが高くてわからないだけ、と言うのがホントのところなのです。ところが昨夜はジジジジと言うノイズが続いてた挙句、パッと自室のインバータ式の蛍光灯が消えてしまいました。グロー式ではないので?点いたり消えたりを繰り返しながら昇天することはないのかも、あっけない成仏でした。本日帰宅後にサークル管を取り替えたところ、まるで何事もなかったように普段のノイズに戻りました。

風呂から出た後に時間が取れたので、さっそくUSBオーディオを分解して見ましたが、拡大鏡を通して目視した限りではクラックは見当たらず、念のためテスターで導通も当たりましたが大丈夫でした。次にアナログアウトを使わないで光アウトでコンポと接続しましたがやはり右がダメです。もしかしたらUSBオーディオは生きていて、本当はUSBが怪しいのかもかも。それでPC側のUSBポートを変更してみましたら、これがビンゴでした!う~ん、PCのUSBポートがいかれることは初めての経験なのでちょっとショックでした。更にMedia Playerの不具合はどうなったかとUSBとの関連を疑ってみましたが、こちらは相変わらずダメでした。まぁ、片ch音声が直ったのでよしとしましょう!それにせっかくですからUSBオーディオ~コンポはこのまま光ファイバー接続としておきましょう。