K9AY(4)2007年04月04日 15:06

有給休暇で在宅です。
先日できなかったK9AYアンテナのアース線まわりを処理しました。今まで長すぎた鬼より線を1mくらいカットして、ほぼ最短距離でユニットのアース端子まで持って行きました。アース線の先端処理も今までは自動車用バッテリーターミナルコネクタを使って仮止めしていましたが、圧着端子使用にあらためました。もうこれで考え付くやり残しは無いはずです。

シャックに戻って729kHz JOCKでピーク/ナルをあたりました。ユニットのAMPをoffにしてピークでS=9+60dBが、ナルでS=8~9になりました。ナルに落とすとキャリアをカットしたような、音割れした状態になります。JOCKをそのままナルに封じ込めて、周波数を765kHzにするとS=5程度で山梨放送が聞こえてきました。しかし、このナル調整は極めてクリチカルです。JOCKは安定していますからまだよいのですが、夜間波になったら気が狂わんばかりの指先テクニックが必要になりそうです。

K9AY(3)2007年04月01日 21:32

暖かな陽気に誘われてK9AYアンテナを久しぶりに復活させました。
ポールのトップで約7.5m、全周25mの2面直交です。従来は全周30m強もありましたが、今回はWellbrook社のマニュアルに書かれていた推奨寸法までダウンサイジングしました。わが家では729kHz JOCKが一番強いのですが、これをバックに入れて、765kHzにあわせると、どんなループアンテナでも受信できない山梨放送が受信できるようになります。なかなか痛快です。

ワイヤーの素材は5C-FBです。実効的な断面積の増加を狙ったわけではありませんが、このケーブルがたくさん余っていましたので、私にとっては廃物利用なんです。

しおかぜ 国内送信2007年03月26日 13:13

特定失踪者問題調査会による短波放送「しおかぜ」が、本日3/26より朝の放送に、茨城県古河市の八俣送信所から送信開始されました。この問題解決の方法は、諦めずに、あらゆる方法で、訴える、呼びかけること。時には強硬に、時には優しく、常に情勢の変化や政治の動向に気をつけてやり抜くことしかないと思います。
本日の国内送信初日の放送録音を下に掲載します。私の地域ではスキップして?ちょっと良くありません。

Mar.26, 2007 0530-0600J 6045kHz しおかぜ

K9AY(2)2007年03月24日 17:22

ダブルギャップシールデッドループアンテナを降ろしました。
3m超のループアンテナはトップヘビィで、このポールでは危なかったので、フルアップさせたことはありませんでした。久しぶりにフルアップさせたら、安物のグリスが固着していて、しんどかったです。

壁面などに取り付ける電工用のウォールボックスをポールに取り付けました。ループアンテナとローテータから取り外したケーブルが雨に濡れないように、ボックスの中に逃がしました。

1540kHz KMPC2007年03月23日 23:29

今夜は久しぶりに北米中波放送を聞きました。 どうでもよいことですが、TPとか、Eスポとかの言葉の用法は個人的には嫌いなので、北米中波放送の受信とか、スポラディックE層による異常伝播と書きます。仲間との会話や、他人の文章にまで配慮したり、ケチをつけたりはしませんので、私の信念?って言ったって、その程度のことなのですが。大昔は交信中にそうした言葉使いを正してくれたOMさんもみえましたが、今は聞いていないからわからないけれど、下手に指摘しようものなら態度を急変し逆ギレされそうな世の中ですから、ほどほどにしないと。

ここ数日来の好コンディションで、3/23も10kHzおきに北米局が並んでいました。ただし、英語が苦手な上に、混信がひどく、たまたま信号が浮いた瞬間にIDが出なければお手上げです。そんな中で1局だけ録音に成功したのが下の1540kHz、KMPCです。

Mar.23, 2007 22:00J 1540kHz KMPC, CA

HPの更新に思う2007年03月22日 12:33

太さんのHP に《ホームページの方は更新が滞ってますので思い切って閉鎖することにしました》とお知らせが出ました。私は時々過去の受信ログを拝見しながらターゲットを決めていたので、残念なことだと思います。私も実はHPを作っては消し、消しては作りなので、更新の大変なことはよく身にしみています。そして趣味の世界なのですから、更新が苦痛になってしまったのでは、趣味が趣味でなくなってしまいますので、リセットすることが必要なんだと自身の言い訳に言ってたこともありました。ですから、それは人それぞれでよいでしょう。

私は逆に放置プレイだった自身のHPを、このところ頑張って更新しています。

昨夜の受信から 1593kHz2007年03月21日 10:44

アンテナフィルタの仮組立後も毎日あちこちを録音していますが、これといって収穫はありません。下でコメントいただいているように、アンテナフィルタを通すと、ノイズフロアが上がり、弱い局は聞こえなくなっているようです。また、サイドスプラッシュも切れるどころか、むしろ増えていやしないかと不安になる始末です。下でご指摘いただくまでは、頭で2.8kHz(±1.4kHz)の狭帯域ゆえに音がこもり、大昔のアンテナフィルタそのままなので、使用されているDBMとFETの性能で歪む、それくらいにしか考えていませんでした。それで、昨夜、アンテナフィルタを取り外したところ、皮肉にも音がよくなり、安直なプランを大いに恥じているところです。

昨夜のDXリスニングは02:30Jまで起きていましたが、これぞというchが見つけられなくて、1593kHz、ループアンテナの方角は北北西-南南東にセットして休みました。太さんの掲示板で、太さんが中国語の裏で何か聞こえていると03:30J頃にコメントを上げて見えましたので、さきほど03:00Jのところを切り出しました。たしかに何か聞こえています。下の音声ファイルで、開始55秒くらいはいかがでしょうか?

Mar.21, 2007 18:00UTC 1593kHz 中国語の下に?

アンテナフィルタ(5)2007年03月14日 21:57

約25年振りにKEN無線電子製の アンテナフィルター を再組立してみました。

そもそも、そのつもりで DDSキット を作ったわけですし、昨年の8月にはその 予備実験 もしましたが、アイコムとAORの新型受信機の発表が急浮上したので自作の気持ちが萎えていました。しかしIC-9500もAR-Alphaも高嶺の花で、再び元の自作計画を復活させることにしました。

本日は有給休暇で家にいましたので、雑用の間にケース入れ、組立をしてみました。まだ動作確認段階なのでケース入れではありますが、最終スタイルではありません。データを取り終わったら、信号をスルーさせるためのリレーと、ACアダプタ用に電源ジャック、電源SW、通電LEDなどを組み込む予定です。

このアンテナフィルタは7.8MHzのクリスタルフィルタを使用しています。DDSは530kHzの時に7270kHzを、1700kHzの時には6100kHzを出力するように初期設定しました。つまり逆ヘテロダインです。帯域幅は頭で2.8kHzくらい、裾で4.5kHzくらいあります。いまテストをしていますが、確かにスパッと切れてくれます。しかしスーパーローカルの隣のchがクリアになるほど切れるわけではありません。そんなに切れたら、現代のパーツでコピーを作る気力が無くなってしまいます(^^;

NHK大阪第一停波のお陰で2007年03月13日 20:46

昨夜の手抜き録音は、太さんのBBSでWakiさんにご教示いただいた666kHzにしました。NHK大阪第一666kHzが01:00Jに停波すると、代わってフィリピーノと中国語が聞こえてきました。下のファイルは02:00Jのアナウンスです。このDZRH、聞いた範囲では24時間放送なのか、終了がつかめないままNHKが復活してしまいました。

Mar.13, 2007 02:01J 666kHz DZRH, PHL WJ8712A, MW550P, "Skydoor"ant.

昨夜の1476kHzから2007年03月11日 14:31

昨夜も好事家が 太さんのBBS に集まって未明の受信をしました。私はあちらこちらウロウロしましたが、最後は1476kHzにしぼって1本釣りスタイルでした。1476kHzでは1kHzのビート音が気になりました。太さんによればこれは1475kHzにずれているマレーシアで、0時30分くらいの終了とのことで、0時33分に下のファイルの通り、放送終了を録音できました。

代わってそれまでマレーシアに邪魔されていてよくわからなかった局が聞こえてきました。フィリピーノでした。太さんによれば、DXRJではないかとのこと。周波数は1476.1kHzほどにずれています。もう本当に眠たくなるような教会のお祈り番組で、粘った末に1時28分の放送終了が録れました。

その後は今朝録音を聞き返しましたが、NHKの残存キャリアなのか、DXはわかりませんでした。

Mar. 11, 2007 00:33J 1475.005kHz R.TV.Malaysia

Mar. 11, 2007 01:28J 1476.095kHz DXRJ

受信機はWatkins Johnson WJ-8712A、アンテナは31mb用スカイドア、受信モード:ISB、IF帯域幅:2.80kHz、プリセレクタ:Palstar MW550P、音声処理:Adobe Audition Ver.2.0